体臭サプリランキング

 

体臭に効くサプリ成分:フィトンチッド

 

自分の体臭が気になって仕方がない時、どんな対策をしたらよいのでしょうか。今は体臭に効果があるといわれるサプリメントも販売されています。それらのサプリメントにはいったいどんな成分が配合されているのでしょうか。

 

今、注目されているのが、フィトンチッドという成分です。樹木や植物たちは、微生物や昆虫、そして動物などから身を守るために、殺虫および殺菌成分のあるものを放出しているのです。これがいわゆるフィトンチッドと呼ばれるものです。

 

森の中一歩足を踏み入れると、途端に爽やかな香りを感じることができます。これがそのフィトンチッドで、森の中では大量に放出されている状態となります。

 

動物の死骸の臭いや枯葉の腐った臭いなどがたくさんしているはずなのに、そんなことは感じさせない爽やかな香りが常に漂っています。フィトンチッドの消臭効果はすごいものですね。

 

このフィトンチッドが配合されたサプリは、私たちの体内で緩やかに働きかけ続けます。そして、悪臭を上手に中和してくれて、最後には無臭にしてくれるのです。フィトンチッド自体は天然成分なので、副作用を心配する必要もありません。

 

他にも効果を発揮してくれるのが、ポリフェノールやカテキン、タンニンといった抗酸化作用のある成分です。私たちの腸内にある悪玉菌や悪臭の原因物質に作用してくれて、抗酸化作用や抗菌作用のおかげで消臭をしてくれます。

 

元々が柿やお茶といった、私たちが普段口にしているものが原料となっているので副作用を心配する必要もありません。

 

体臭サプリが抑える臭いはどんなもの?

 

私たちが気になってしまう体臭は、その部位も様々ですし、臭いの種類や強弱も千差万別です。それでは、体臭にはいったいどんな種類が存在するのでしょうか。

 

まず1つめは、加齢臭です。加齢臭の臭いは、まるで古本屋さんに入った時のような臭いになります。40代くらいになると、体内にある脂質が酸化してしまうことにより、ノネナールと呼ばれる物質が生成されてしまいます。

 

この物質が加齢臭の原因となってしまうのです。私たちの肌の皮脂腺からは脂肪酸と過酸化脂質というものが分泌されていて、これらが結びつくと、ノネナールという物質が発生します。この脂肪酸は加齢によって分泌量が増えていきます。それに伴い、ノナネールの発生量も当然増えてしまいます。

 

2つめは、汗臭です。私たちが普段かいている汗自体は特に臭いはありません。でも、汗が雑菌などと混じり合ってしまうと、その途端、嫌な臭いに変わってしまいます。もしも日常の生活で運動不足だったとしたなら、運動をしていくことで疲労物質もたくさん分泌されてしまうので、余計に汗臭を発するようになります。

 

こういったからだから発する嫌な臭いには、体臭サプリメントというものを活用していくと同時に、毎日の生活習慣を改善していけばかなり改善できるようになります。

 

体臭は細菌が繁殖することによって発生してしまうので、殺菌作用のある成分を補っていけば、細菌を減らして臭いも軽減できるようになります。

 

ポリフェノールやカテキン、フラボノイドといったものも抗酸化作用があるので加齢臭対策にはかなり効果を発揮します。体臭サプリメントはいろいろな種類のものがあるので、配合されている成分をみながら、それぞれの悩みにピッタリ合ったものを選ぶのがよいでしょう。

 

日常から可能な体臭予防は?

 

自分の体臭って気になりますよね。普段から気をつけて、しっかりと予防していきたいものです。普段の生活の中でもちょっとしたことに気をつけていれば、体臭を予防することができるのです。

 

では、いったいどんな風に予防対策していけばいいのでしょうか。まず1つめは、いつも清潔にするよう心がけることです。めんどうくさいからといってお風呂に入らずに寝てしまったりすることのないようにしましょう。

 

毎日、お風呂に入って体をきれいに洗うことはとても大切です。また、ハンカチやハンドタオルなどを常に持ち歩くようにしましょう。外出先でちょっと汗をかいた時なども、すぐ拭き取ることができます。体が清潔な状態であれば、皮膚の表面にいる雑菌が繁殖することを防げます。

 

2つめは、普段着る服をなるべく吸湿性、通気性のよいものにしていきましょう。素材は綿で吸湿性に優れているものを選ぶようにして、汗が悪臭に変わってしまう前に発散させてしまいましょう。

 

3つめは、毎日の食生活を和食中心にしていくことです。昔の日本人は、野菜や穀物、魚が中心の食生活でした。そのせいかどうかわかりませんが、昔の人たちに体臭の強い人は少なかったのです。できるだけ低脂肪高繊維、しすて植物性の食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

 

4つめは、動物性タンパク質や動物性脂肪をなるべく摂らないようにすることです。肉類や乳製品は、動物性タンパク質や脂肪がとても多いので、これらが体臭の原因となってしまうのです。

 

5つめは、緑黄色野菜をできるだけたくさん摂取することです。野菜には食物繊維がたっぷり含まれています。これらは腸内のにおい成分をいっきにまとめて体外へ排出してくれます。また、同時に便秘の解消もしてくれるのです。

 

体臭と加齢臭の違い

 

若い頃でも体臭が気になることってありますよね。では、年をとってから気になるようになる加齢臭との違いはいったい何でしょうか。また、男女の違いによる加齢臭のあらわれ方はどう違うのでしょうか。

 

体臭だろうと加齢臭だろうと、どちらも身体の臭いであることに変わりはありません。でも、体臭は汗腺というところから出てくる汗が臭ってしまうものですが、加齢臭というものは皮脂腺で作られているノネナールというものが原因となり発生します。

 

私たちが普段かいている汗の臭いというものは、年齢とは関係なくどんな人にも発生してします。身体を清潔な状態に保っていない人は、汗が雑菌と混じってしまい、とても嫌なニオイを発してしまいます。

 

もう一方の加齢臭の方は、たとえどんなに身体を清潔にしていたとしても、なぜか古本や青チーズのようなニオイを発してしまうのです。だいたい40歳前後くらいになってくると、皮脂腺から分泌している脂質の量が多くなってきます。この脂質が酸化してしまうことにより、ノネナールという成分が発生して、加齢臭を発してしまうのです。

 

ではその嫌な加齢臭を解消するためにはいったいどうしたら良いのでしょうか?体臭であればお風呂で身体を洗えば解消ですることができます。でも、加齢臭はどんなに身体を清潔にしていても予防することはできないのです。加齢臭を防ぐには、身体が酸化することを抑えて、ノネナールの発生そのものを阻止することが何より大切なのです。

 

日々の生活で取り入れられることを初めてみましょう。ウォーキングや水泳などのような有酸素運動を習慣にすることはとても有効です。身体が酸化していくことを抑えることができるのです。食生活を見直して、脂肪分を抑え、野菜や果物を多くとるように心がけてビタミンやミネラルを思う存分摂取するようにしましょう。

 

体臭の改善は体の内側から無くしていくのが重要

 

現代の人々は、皆臭いに関してとても敏感です。それ故に、体臭の予防にはとても熱心です。体臭予防効果が高い商品であれば、その売上は年を負うごとにぐんぐん伸びていっているようです。自分の体臭だけではなく、周囲の人の体臭についてもとても気にしている人が多いようです。

 

でも、体臭っていったいはどんな臭いなのでしょうか。人それぞれかとは思いますが、基本的には肌等の分泌物が元となり、体から発せられる臭いのことです。元々、汗腺は無臭であり、状態もサラサラです、でも、体臭がキツく感じてしまうものについてはツンとした独特の刺激臭があります。

 

どうしてそんなニオイになってしまうのでしょう。それは、常日頃身体をあまり動かしていない環境で過ごしている人に多く見られる現象なのです。要するに運動不足ですね。汗というのは、本来、体温を調節したり、老廃物を排泄したりするという重要な働きをしています。運動不足がちの人は、汗腺の働きがとても弱く、老廃物が体の中に溜まりやすい状態になってしまっています。

 

体臭の原因は分解する際の細菌の活動が原因とされています。 ニオイのない無臭でサラサラした状態の良い汗をかくためには、まず運動不足を解消していきましょう。日々、適度に運動していくようにすると、汗腺そのものが鍛えられて、汗によるデトックス効果も期待できます。

 

常に汗をかくよう習慣づければ、汗の成分が水に近いサラサラしたものへと変化していきます。この状態の汗はアルカリ性が少ない酸性の状態で、皮膚表面にいる雑菌の繁殖を防ぎ、体臭予防にも効果があります。